ひまわり証券

ひまわり証券の手数料やスプレッド

ひまわり証券の手数料やスプレッドはコストがやや高め

ひまわり証券の取引には手数料がかからない

ひまわり証券には2つの口座があります。
通常の取引用のレギュラー口座、
デイトレ投資・短期売買用のデイトレ口座です。

本来、ひまわり証券のように情報サービスが充実していたり、
多数の著名アナリストのレポートを配信するとコストがかかるために
手数料がかかることが多いです。ひまわり証券など。
しかしひまわり証券は手数料がかかりません
この点は非常にうれしいですね。

ひまわり証券のスプレッドはやや広め

このことも仕方がないといえばそうなのですが、
ひまわり証券のスプレッドは狭くはありません。
まぁ特別広いというわけではなく他のFX業者と同じぐらいです。

特に韓国ウォンや台湾ドルなどの超マイナー通貨は
取り扱うための調達コストがけっこうかかってしまうので、
ひまわり証券でもそれなりのコストを要するのでしょう。
その調達コストが災いして人民元の取引は停止されました。
こういった超マイナー通貨は広いスプレッドを覚悟しなければなりません。

しかし最近はドル円のスプレッドがどんどん縮小されているので、
いずれこれらのスプレッドも縮小されるかもしれませんね

ひまわり証券はコストがやや高め

ひまわり証券やセントラル短資FXのような大きな業者は
小回りが利かないために手数料がかかるのもやむなしです。

しかし、最近では経営努力によってコストをどんどん下げています。
その内コスト面のデメリットもなくなっていくことでしょう。
それまではコストが非常に安いFXZEROを使いましょう
低コストですが情報サービスが全くないこのFXZEROは
ひまわり証券とペアで使うために作られたFX業者です。
両方をあわせて使うことで死角がなくなるようになっているのです!


>> 業界のパイオニア:ひまわり証券の口座開設へ

ひまわり証券はFX業界の先駆者でありパイオニア的な存在である
今なら新規口座開設者に5,000円をプレゼント中

>> 合わせてFXZEROの口座も作っちゃおう
ひまわり証券は情報が豊富な代わりに取引には向いていないので・・・
コストの安いFXZEROと組み合わせるのが最適な使い方!