ひまわり証券の長所

ひまわり証券の長所やメリットは情報が充実した老舗業者・パイオニア

ひまわり証券はFX業界の老舗業者

ひまわり証券は証券会社となっていますがFXに力を入れているFX業者です。
FXが誕生したのが金融ビックバンの1998年であり、
その1998年にFXサービスを始めたひまわり証券は
FX業界でも最古参の業者であり、一番の老舗業者といえます。
また口座数、預かり残高ともに外為どっとコムに次ぐ規模であり、
業界・顧客からの信頼も厚いことがわかります。

ひまわり証券は口座数が10万を突破している

口座数10万以上!ひまわり証券はFX業界でも老舗中の老舗ということで
業界からも顧客からの信頼も厚いために大きなシェアをもっています。
そのシェアは外為どっとコムよりは劣りますが業界第2位を誇り、
口座数は120,000の大台を突破しています。
多くのFX業者の口座数は多いところでも
50,000~60,000口座ぐらいなのであり
ひまわり証券はかなり抜きん出ています。

例えば大手FX業者FXプライムやFXCM、
サイバーエージェントFXなどは
老舗であり設立から4、5年ほどたっているのに
口座数が50,000~60,000ほどです。

口座数12万というのはくりっく365導入業者16社を束にした規模を誇るのです。
なぜここまでの業者になりえたのかというと

それはFX業界随一の情報のおかげです。

ひまわり証券は業界でも指折りの情報サービスがそろっている

ひまわり証券の特徴は情報サービスがあります。
その内容は非常に豪華絢爛であり、他の業者のFXプライムや、
外為どっとコムと一緒に使えば死角はありません。
トレードポイントという具体的な売買の例や、
マット今井さんのレポートなど通貨分析レポートのほかに
具体的な売買例を教えてもらえるのが他社とは違うところです。

ただし、こういった情報は一般には公開されておらず、
ひまわり証券に口座を持った人しか見ることは出来ません
ただし初回入金の制限が無いので、口座開設をして
入金をしなくても情報サービスを提供してもらえるのです。

ひまわり証券はアジアの通貨もFXできる

ひまわり証券はアジア通貨に強いのも特徴です。
取り扱い通貨ペアは30種類にも及ぶのですが、クロス円が多く
他の業者では取り扱ってない中国元台湾ドル韓国ウォンなどが取引できます。

これらの通貨はスワップがマイナスなので長期投資には向いていませんが、
他の業者で取引できるのがSBI証券ぐらいであり、非常に貴重な取り扱いです。
マーケット情報や経済指標などの情報も一番そろっているので
FXの情報にここは欠かせない業者といえます。

こういったアジアの通貨はリスクが高いですが、
2008年の韓国政府ウォン買いドル売りといったような
弱小国ならではの為替介入などをチャンスにすることもできるのです。
韓国が非常にウォン安になっている時に、海外旅行だけでなく
ウォン売りをして稼ぐことだってできるのです!

ひまわり証券は顧客へのサービス精神が素晴らしい

ひまわり証券の特徴ともいえるのが顧客本位の経営です。
その一端を2008年に垣間見ることができました。

2008年12月、ビッグ3の救済法案が否決されたことを受けて
ドル円相場は13年ぶりに90年を割り込むといった歴史的な相場となりました。
この歴史的な相場を受けて、ひまわり証券は顧客に対し、
90円割れの背景や注意点」 という緊急レポートを配信してくれたのです。

これはひまわり証券がいかに投資家の立場
危機感を感じてくれているかの表れでもありました。
このような顧客本位の経営だからこそ、長年にわたり信頼され
ひまわり証券は顧客からも業界からも信用される業者なのです。

ひまわり証券は情報が充実した老舗業者

このようにひまわり証券は多数の長所がありますが、
中でも際立っているのは情報サービスと信頼性でしょう。

ひまわり証券の情報サービスは業界随一であり、
トレードポイントという具体的な売買の例や、
マット今井さんのレポートなど通貨分析レポートのような
具体的な売買例が書いてあり非常に参考になります。

またFX業界で一番の老舗業者であり、顧客の立場になって考えてくれる
顧客本位のサービス精神あぶれる経営をしているからこそ、
業界からも、顧客からも信頼されている業者です。
ひまわり証券の売買ポイントに従えば
非常に勝率が高くなることは間違いありません。


>> 業界のパイオニア:ひまわり証券の口座開設へ
ひまわり証券はFX業界の先駆者でありパイオニア的な存在である
今なら新規口座開設者に5,000円をプレゼント中

>> 合わせてFXZEROの口座も作っちゃおう
ひまわり証券は情報が豊富な代わりにややコストが高めなので・・・
コストの安いFXZEROと組み合わせるのが最適な使い方!